Sponsored Link
Sponsored Link

顔のほくろや、手のひらにある目立つホクロは、気になる事もありますね。よく聞く天然素材のもぐさによる、ほくろ取りやクリームもありますが、日数がかかります。手軽に素早く除去するなら、美容整形外科や皮膚科などの病院で、レーザー治療でのホクロ除去をしてみませんか?

美容整形外科でホクロ除去…の前に気になる「ホクロとは」

手や顔など、普段の生活から露出しているところのホクロは気になるものです。
現在はホクロ除去の技術も発達し簡単にホクロを消すことができます。

ではホクロとは、何でしょうか。
ほくろ(黒子、mole)とは、
皮膚の一部が、メラニン色素を含む細胞=メラノサイト(色素細胞)が、周囲より高い密度で集まり、体表から黒く見える状態です。
メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが表皮が盛り上がって見えるものを色素性母斑(pigmented nevus)と言います。

一般には過誤腫的なもの(腫瘍と形態発生異常の中間的な性格の病変)と考えられていますが、WHO分類分類では色素性母斑に限っては良性腫瘍として扱っています。

日本語では「母胎内でついた糞」の意「母糞」と言っていたようです。
鎌倉時代初期に色名の「くろ(黒)」とコンタミネーションを起こして「ははくろ(母黒)」という語が生じて、「ハワクロ→ハウクロ→ホウクロ」を経て室町時代末期にホクロになったというのが通説のようです。
posted by 除去 取り 大阪 クチコミ | ホクロとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。